お盆は海に行ってはいけない理由とは

言い伝えがある

昔の人は、お盆に海に行くと霊に足を引っ張られるなどと言って、信じている方もいました。
特に幽霊は水を通じてこの世に帰ってくるものだと信じられており、これもお盆に海に行くと足を引っ張られるという話を色づけています。
そして、お盆の時期の海は、あの世とこの世を繋ぐ道だとも考えられているのです。
さらには地獄の釜が開くという言葉もあるように、海に行くとその中に落とされるという解釈もあります。
このような理由から、お盆には海に行くべきでないと言われるようになりました。

・水場は霊が出現しやすい

水に関する霊は多く、井戸なども幽霊が登場する定番の場所となっています。
三途の川もあるように、水は先にも記載した通り、あの世と繋ぐ道という考えが強いのです。
地域によっては、ご先祖様が海から帰ってくる、という言い伝えもあります。

また、怪談や落語の話にも、海や水を絡めて幽霊を登場させる話もあり、このようなことも水と幽霊を、人々が結びつける手助けにもなっています。

しかしこれらの話を総合的に考えると、海に行くと幽霊に足を引っ張られるというのは、迷信である可能性は高いです。
やはり今ほど、科学技術の発達していない昔は、お盆の時期に海に行って溺れると、幽霊に足を引っ張られた、と原因がよくわからないので理由を無理矢理導き出したのかもしれません。

海は危険も多い

お盆に海に行くと引っ張られるというのは、幽霊に限らず、危険もあるので、危ないという意味もあり、危険だから行かない方が良いということもあります。
この時期は、クラゲも発生する時期なのです。
ちょうど、クラゲの子供が成長し大人になり、全体的に温まった海水の冷たいところを求めて、海辺にやってきます。

お盆の時期頃から、クラゲによる被害が増えてきます。
海の中でクラゲに刺されると、昔の人は幽霊に足を引っ張られたと感じたのかもしれません。
特にクラゲに刺されると、足が吊ったり、場合によっては心臓麻痺を起こしてしまうので、そのまま海の中に沈んでいくようなこともあり、これも幽霊に足を引っ張られるように見えます。

ちょうど冷たい海水も温まり温かくなり、冷暖の温度差の出る部分もありますので、波も発生しやすくなります。
特に逆流する波も、お盆頃からは発生し、このような波に飲み込まれると、どんどん海岸から引き離されます。
このような波の流れに捕まると、あの世に引っ張られると、昔の人は感じたのかもしれません。

ちなみにこのような波に捕まった場合は、海岸に向けて逆流を押しのけて泳ぐのではなく、海岸と海の間を横切るように、波を避けるようにして泳ぐと波から逃れられます。
逆流は一部分でしか発生しないので、横切って逃げれば波から脱出できるのです。