初七日法要ってなに?

故人が亡くなってから7日目に行う法要

故人が無事に極楽浄土に行けるようにと、亡くなってから7日ごとに供養を行なうと、仏教ではそのようにしています。
そして初七日とは、亡くなってから最初の7日目に行なわれる法要のことです。
最近は厳密に7日目に行なうことは少なく、葬儀当日に済ませるのが普通です。
葬儀屋さんが通夜から葬儀、初七日まで一連の流れを執り行ってくれますが、当事者ならば初七日の意味は知っておいても損はないです。

初七日にも、親戚一同が集まりますが、最近は仕事で休みが取れないなどの理由により、葬儀の時に一緒に行なうのです。

2つの方法

葬儀当日に初七日を行なう方法としては、火葬後に葬儀場で行なう「繰り上げ法要」、火葬前に葬儀場で行なう「繰り込み法要」の2つがあります。
どちらの方法で行なっても良く、どちらになるかは地域によっても違い、地元の習慣に従います。
葬儀と告別式の中で、繰り上げ法要では火葬後に、繰り込み法要では出棺前に行ないます。

本来は遺骨に対して読経が行なわれますが、火葬後の法要となると、遺影や位牌に向けて行ないます。
そして初七日を葬儀当日に済ませたら、本来の七日後の初七日には、故人の冥福を祈り、家族で焼香を行なうと良いです。

葬儀とは別に行なうとなると、亡くなった日を1日目と考え、7日目に行ないます。
地域によっては亡くなった前日を1日目と数えるところもあります。
当日は自宅に僧侶を招く、または遺骨や位牌をお寺に持参して法要を行ないます。
読経と焼香を行ない、その後に精進落しを行なうのが普通です。
そのために、精進落しの会食の手配や、挨拶など、事前の準備が必要です。

・服装に関して

初七日法要では、参列者の服装は、喪主や遺族は喪服を着用し、参列者は略式喪服で構いません。
略式喪服の場合は、ブラックフォーマルとなり、やはりアクセサリーは結婚指輪と真珠以外は身につけません。
そうして遺族や関係者が集まったところで、初七日法要が行なわれます。

初七日が終わると、その後は中陰という死者があの世に旅立つ間までは、七日ごとに法要を行ないます。
初七日以外は、自宅に住職を迎えて行ない、親族などは呼ばずに家族だけで行ないます。
忙しくて省略するケースもありますが、お寺にお願いすれば法要は行なってもらえます。
四十九日まで行ないますので、通常であれば初七日以外は6回行ないます。

そして故人の死後100日目には、百箇日法要を行ないます。
この時期は遺族が故人を亡くした悲しみから立ち直って、泣くのを止める機会であるという意味合いがあります。
実際には気持ちの整理が付かないこともありますが、この100日目を1つの区切りとして、気持ちの整理をする方もいます。