成人式の由来と歴史

元服が元になっている

成人式は元服が元であり、これは大人へとなったことを示す儀式です。
奈良時代以降に元服という名前で呼ばれるようになり、12歳から16歳の男の子が行なった儀式です。
服装や髪型を大人のものへと変え、名前も幼名から実名へと変わりました。

その後の時代も元服は行なわれ、室町時代になると庶民にも広がり、江戸時代になると貴族のみが儀式を細部まで継承し、その他の人は前髪を切り落とすだけという簡略化した儀式になります。
男の子の場合は元服という名前になりますが、女の子の場合は、裳着という儀式になり、これは「もぎ」と読みます。
裳という腰から下にまとう衣装を身につけ、結婚が決まりそうなタイミングでは、髪を結い上げるという、大人の髪型にもしました。

・庶民の成人式

元服や裳着は上流階級のしきたりの中での儀式であることが多く、庶民には庶民のしきたりの成人式がありました。
地域によっても違いはありますが、一人で狩りが出来れば一人前、米俵を一人で運べれば一人前などというような、儀式と言うよりは通過儀礼がありました。
多くの地域であったのが「褌祝」という、一人前の大人になった証に、親戚の女性から贈られるふんどしを締めるという儀式がありました。

現在の成人式の元となったもの

今の成人式は、元服とはまったく違った内容の儀式となっており、元服が元とはなっていません。
戦後に20歳になって成人式が行なわれるようになり、成人式の元となっているのは、1946年の埼玉県の萩市の青年祭だと言われています。
それが数年で全国に広まり、1949年には1月15日が成人の日と定められます。

1月15日は、元服を新年最初の満月に行なう風習があったので、それに由来しています。
ただこれは旧暦となりますので、今の暦では1月15日は満月にはなりません。
そして2000年には祝日法を改正し、成人の日は第二月曜日となります。

成人式はこのように日にちが変わりましたが、地域によっては第二月曜日には行なわず、日にちをずらします。
これは、成人式への出席率を上げるためであり、交通の便の良い会場を選び、天気の良い日を選んで開催することで、出席率を良くしようとするのです。
また会場によっては、小さな日の丸の旗を渡されますので、これを持って日本人としての大人という自覚を持つのも良いでしょう。

・振り袖

成人式は女性は振り袖を着る人が多いですが、成人式での礼服となります。
今でこそ、振り袖は若い女性が着ますが、かつては子供に振り袖を着せていました。
これは、長い袖を振る仕草は、魔を払い厄除けになると考えられていたのです。
子供が病気にならず、厄に取り付かれないようにという願いも込められています。