着物に合う!つまみ細工アクセサリーの作り方

着物の似合うアクセサリー

つまみ細工は、着物によく似合うアクセサリーであり、手作りで作れます。
髪飾りなど小さなアクセサリーでも、値段がはるので、つまみ細工の作り方を覚えれば、髪飾りの他に、ブローチやピアスも作れます。
つまみ細工は、先が尖っている剣つまみ、丸くなっている丸つまみの2種類あります。

手作りで作る場合は、カラフルな正方形の布とボンド、厚紙、ピンセットが最低限あれば作れます。
布は着物の切れ端、さらにはちりめんやリネン、フェルトなどでも構いません。
ヘアピン台やコームなども用意すると、作りやすく便利です。

つまみ細工の作り方

1、下準備
基本のお花の作り方です。
用意した布の端切れを3cm角と2cm角に、それぞれ5枚ずつ作ります。
それを三角形に折り、さらにもう一回折って、ヒトデのような形にします。

2、つまむ
真ん中をピンセットでつまみ、切れ端がある方にボンドを少量つけます。
このときはボンドを付けすぎないようにして、竹串などを使って丁寧に付けます。
ボンドの付けた部分を指で挟んでで押さえ、ピンセットで角を少しつまんで立てます。
こうすることで、花びらのようになります。
そして立てた部分を壊さないよう、優しくつぶし、花びらのように形作ります。

3、花びらの出来上がり
つまみ細工の「丸つまみ」と言う技法を使い、花びらが出来上がりました。
ここから花びらを使って、お花の形にしていきます。

4、台をつくる
直径2cmの厚紙と直径3.5cmの布を用意します。
厚紙よりひとまわり大きい布を用意します。
布の真ん中に厚紙を置き、周りにボンドを付け、厚紙の後ろにはボンドはつけません。
タックを取りながら、綺麗に中心に折って布を貼り、中心に印を付けます。

5、花びらを作る
真ん中の印の周りにボンドを付けておきます。
そして丸つまみで作った花びらを、厚紙の上に付けていき、大きな花びらと小さい花びらをバランスよく付けてお花の形にします。
小さい花びらは、大きな花びらの間に乗せておくと、奥行きが出きて綺麗です。
最後に、厚紙の中心にビーズを飾りとして付けます。
これで基本お花のつまみ細工の出来上がりです。

参考動画 : 基本となるつまみ細工のやり方 

慣れれば、色々な形のつまみ細工を作れるようになります。
ただ布などを用意できないという方は、簡単な制作キットが発売されていますので、それを使うのも1つの方法です。
キットでも色々なデザインのものがあるので、気に入ったデザインのキットを使うと良いでしょう。
さらに複雑なつまみ細工を作りたいという方は、作り方が載っている本がありますので、それを買って参考にして作ると良いです。
そして、つまみ細工を作る基本講座も地域によっては開催されています。