人気の振袖の色とは?

1位 : 赤

振り袖の色というと、昔からの定番であり、晴れの日に相応わしいめでたい赤が、一番人気です。
日本では伝統的に赤はめでたい色として使われてきており、結婚式やお正月でも使われる色です。
そのために、赤を身につけるのはめでたく晴れやかな雰囲気を作れます。
晴れの日に正統派の振袖を着るならば、やはり赤をメインにした振袖がおすすめです。

赤の色合いが多いほど、個性的で強い印象となります。
赤地の振袖を着たいけれど、派手なものは嫌だという方は、赤の分量を少なめにして、その代わりに白やピンクを多めにした振り袖にすると良いでしょう。
赤にどんな色を加えるかで全体の印象が違い、優しい感じならばピンク、お祝いの雰囲気を出すなら白、個性を出すなら黒などをアクセントに使った振り袖がおすすめです。

2位 : ピンク

こちらも人気のある色であり、洋服でも人気のある色です。
振り袖でも未婚の若い女性が着るには、優しい印象のある色となりよく似合います。

ピンクといっても色合いによって印象も違ってきます。
淡いピンクか濃いピンクかで印象も変わり、全体の色合いを吟味して選ぶようにします。
人気がある色なので種類もとても豊富で、自分に似合う振り袖が見つかるでしょう。
自分にはピンクは似合わないと思っている方でも、気に入ったものを一度合わせると、案外似合っていたりします。

3位 : 黒

シックな黒も人気がある色です。
黒留袖などと、礼装としてのイメージが強い色ですが、振袖の場合は少し違ってきます。
胸元が黒一色の留袖とは違い、華やかなお祝いの柄が振り袖全体に施されているので、黒は逆に絵柄を引き立てます。
花車、色とりどりの草花、宝物など絢爛な柄も、黒地にデザインすると引き締まって見えます。

さらには黒字の着物は、身体全体を引き締めて見える効果もあります。
黒が着やせして見えるのも、若い女性に人気のある理由です。
いつもとは印象の違う自分になれるのもポイントです。
パステルカラーで明るく優しい印象の洋服が好きな人でも、振袖は黒地にすると落ち着いた大人の女性の雰囲気となります。
また、黒はグレーや薄い黒などと、このような色も振り袖には良く似合います。

番外編

最近は緑の色の振り袖も人気です。
緑は振り袖には似合わないイメージがありますが、振り袖に使われる緑は和の雰囲気になり、日本人にもよく合います。
赤やピンクが人気の中で、緑のような寒色系の振り袖は、とても目立ちます。
緑の振り袖は、森のようなイメージとなり、黒と近いような雰囲気になります。

緑以外にも、黄緑色を部分的に使うなど、薄めの緑を使うと、シックな緑と明るい色で不思議な雰囲気の振り袖となります。
また、振り袖にも黒と同じように、花車などをデザインすると、とても目立ち引き締まった雰囲気を醸し出します。