家族葬とはどんな形式の葬儀?

親しい人のみで行なう葬儀

家族葬は、一般の葬儀の小型版というとらえ方をしており、多くの場合は通夜から仮葬まで通常通り行ないます。
そして、参列者は家族や親戚などの親しい人のみで行ない、小規模に行ないます。

このために、参列者が少ないので、葬儀の費用を抑えることが出来るというのが、一番のメリットです。
そして葬儀も親しい人のみなので、他の参列者への対応などをせずに済み、その分故人との時間を沢山設けることが出来、ゆっくりとお別れが出来ます。
弔問客への対応もあまり必要ありませんので、身内だけで行なうことが出来、手間がかからず、気を使わず行えます。

ただ家族葬を行なうと、本来参列したかったという方もいますので、葬儀後はそのような方への対応をしないとなりません。
葬儀を行なうにしても、親族やその他の人からの理解を得られるとは限らず、必ず家族葬を行なうときは、周囲へ説明しないとなりません。

家族葬では、仮葬時には読経を省くことも出来、これも費用を抑えることに繋がります。
しかしこれも親族などの理解を得られない、場合によってはお寺の理解も得られる納骨が出来ないということもあり、その方面への説明も必要となります。

家族葬はお通夜や告別式から、火葬までは、一般の葬儀の場合と流れは変わりはありません。
一般葬などと比べると、費用は20万円程度で行なうことが出来、全体的な費用は安くなる場合が多いです。

家族葬を行なう場合のマナー

家族葬の参列者は、家族や身近な親しい友人、親族などとなります。
招かれない方がどうしても出来てしまいますので、そのような方から不満が出ないように、家族葬を行なうという連絡はすべきです。
後日お線香を上げるために訪れたいと考える方もいるので、そのような事も不要なら、不要と連絡しましょう。
会社の上司や関係者にも、家族葬を行なうことは伝えておかないとなりません。

香典に関しても、参列しない方には、不要だと伝えておきましょう。
ただし、弔電を送られるのは、家族葬でも構いませんので、送りたいという方がいれば、お通夜か告別式までに届くようにすれば、受け取っても構いません。

家族葬での服装は、こちらも一般の葬儀と変わりはなく、ブラックフォーマルで参列します。
友人などとして参列する場合は、遺族の方よりも格が上にならないように、略式の喪服を着用して参列します。
家族葬のマナーも、他の葬儀のマナーと変わりはなく、派手な服装はしない、小物やアクセサリーも派手にしない、ネクタイや靴下も黒にするようにします。
女性の方は化粧が派手にならないように注意し、足や胸元が著しく露出するような服装も避けるようにしましょう。