そもそもお香典ってなに?

お香典の意味

香典とは、故人の霊前に供える金品のことを言い、お香やお花の代わりとしたものです。
その他にも、遺族が急な不幸で、出費が増えますので、その助け合いの意味も込められています。
通常は参列者は香典袋に入れて、通夜や告別式、葬儀の場で渡します。
渡すときは受付で記帳する際に一緒に提出し、通夜や告別式で一度香典を渡したら、葬儀で渡す必要はなく、1度渡せば十分です。

香典袋の表書きは、宗派によっても違い、御霊前と書いておくとどの宗派でも通用し無難です。
ただし、浄土真宗の場合は、御霊前ではなく、御仏前と書きます。
その文字の下に自分の氏名を、御霊前などの文字よりも小さく書き、中袋に紙幣を入れて渡します。

香典袋について

香典袋は中袋もセットになっている場合もあり、中袋に表書きを書けるようになっているものもあります。
文字は黒で書き、通常は涙を表す薄墨という色を使いますが、濃い墨でも構いません。
薄墨を使うときは、筆ペンがありますので、それを使うと便利です。

香典の金額は決まってはいませんが、相場というものがあります。
そして、包んだだけの金額を、香典袋に漢数字で書き、壱や弐などは旧漢字を用います。
地方によっては、金額は偶数にまたは奇数にすべきだというところもあります。
新札は用意したようなニュアンスがあり、死を待っていたという意味合いにもなりますので、新札を使うならわざと折り目を入れて包みます。

参考 : 意外と悩む、お香典の金額や表書きとマナー

香典の渡し方

香典は必ずそのまま袋のまま持参するのではなく、ふくさなどに包んで持参します。
通夜や告別式、葬儀に持っていきますが、いくらふくさに包んでもポケットに入れるなどして持っていってはいけません。
そして受付で記帳をする時に、一緒にふくさから出して、受付の人に渡します。

渡すときは、相手が名前を読めるように、香典袋の向きを考えて渡します。
また渡したときは、ご愁傷様でした、などと一言弔いの言葉をかけます。

・郵送する場合

もしも参列できなくて香典を遺族に渡す場合は、郵送で渡します。
この場合は香典袋は使わず、現金書留に不祝儀袋とお悔やみの言葉を入れます。
現金書留を使用しますが、直接現金は入れずに、不祝儀袋を使うようにします。
お札も新札ではなく、折り目のあるお札を使い、新札なら折り目を入れておきましょう。
逆にしわだらけのお札も失礼にあたるので、ある程度綺麗なお札を使います。

不祝儀袋に表書きを行ない、住所や氏名を書き、また同じく現金書留にも、住所や氏名を書きます。
お悔やみの言葉は、白い便せんに書くのが無難であり、一重なシンプルな封筒に入れます。
言葉はペンや万年筆で記入して問題なく、墨を使用するならば、薄墨を使うのがマナーです。
故人と面識が無い場合は、どのような関係か書いておくと、遺族も誰からかわかります。