故人の霊を祀る位牌

位牌とは

位牌は、故人の霊を祀るために仏壇に置くものとされています。
ただし、浄土真宗では位牌というものは置かずに、先祖の系譜を記した過去帳や故人の法名を記した法名軸を祀ることになっています。

日本で位牌が使用されるようになったのは江戸時代頃です。
中国では後漢時代から先祖の名前や官位を木管に彫り込んで祀っていたことから、これが日本に伝わって独自に進化をしたと考えられています。

位牌は純粋な仏具というよりは、儒教による先祖崇拝から来た風習と考えた方がよいかもしれません。
仏壇に位牌を飾っておくことにより、お盆など先祖が家に帰って来るときに、その位牌を目指して来ることができるとされています。

また、毎日のお参りでもその故人を偲び尊敬をすることができることから、できるだけよいものを備えてあげたいところです。

仮位牌と本位牌について

位牌には白木のものと装飾したものと二種類があり、前者を「仮位牌」、後者を「本位牌」としています。

仮位牌というのは通夜や葬儀の時に使用され、その後四十九日までの間に本位牌を用意するというふうにして使います。
仮位牌に使われる白木の位牌は、葬儀の手配をする時に葬儀社の方で用意してくれるのが一般的です。
ですので、葬儀が終わった後に長く使える位牌を改めて手配していく必要があります。

位牌は見た目としては縦型の墓石を小型にしたもののようですが、表面に刻まれる文言は全く違います。

位牌に記載されるのは表に「戒名」、裏に「俗名」で、そこに亡くなった年月日や享年を入れていきます。

本位牌は仏具店で多く取り扱いをされていますが、大きく分けて「塗り位牌」と「唐木位牌」とがあります。

「塗り位牌」は白木地に漆塗りをし、さらに金箔や蒔絵などとして装飾をしたものです。
一般的に「位牌」として出回っているもののほとんどがこの「塗り位牌」なので、一般的なイメージの位牌ということになります。

もう一つの「唐木位牌」は黒壇や紫壇などの高級木材を使った位牌です。
この材料のことを「唐木」ということから「唐木位牌」として分類されています。

価格は非常に高く、表面に美しい木目が浮き出ることから、ひと目で高級な位牌であることが分かるでしょう。

本位牌の価格はかなり大きな幅がありますが、その差は使用している木材の質や希少性によります。
近年では木材ではなくクリスタルなど、全く新しい素材で作る位牌というものも登場してきました。

戒名などはオーダーメイドで入れてもらうことになるので、仏具店に注文をしても10日~二週間くらいの時間がかかります。
四十九日までに本位牌に取替るのが通常であるので、できれば早めに選んで注文をしておきたいところです。