会葬辞退のご案内の書き方とは?

どのような葬儀を行なうか明確に案内する

誰かの葬儀を行なうとなると、関係者は通常は参列するようになります。
それは身内はもちろん、友人や会社の人、さらにはご近所の付き合いのある人まで様々です。
しかし、家族葬を行なうとなると、近しい人のみ参列の形式となりますので、友人や会社の人、遠い親族の方には、参列不要という案内を送らないとなりません。
このために、故人に関係する人には、故人がいつ亡くなり、通夜や告別式、葬式はいつ行なわれ、身内以外は参列不要という旨の案内状を、普通は関係各者に送ります。

また香典に関しても、参列しなければ不要なので、香典も不要という旨も記載しておくと、相手もそのような工面をしなくて済みます。
香典は、故人や遺族に対して弔意を示すものであると同時に、葬儀を行なう遺族の手助けする意味合いもあります。

参列しない方の中には、どうしてもと言い、香典だけは渡したいと郵送するような方もいるかもしれません。
そのような場合は、参列と香典共に不要という案内状を出しても、送られてきた香典は、そのまま感謝の気持ちとして受け取りましょう。
不要という案内を出したので、香典もお返しすると突き返してはいけません。
もしも香典を受け取ったならば、香典返しが必要となります。

会葬辞退の伝え方

参列不要の場合は、関係者に明確に不要であるという旨を明記し、案内状として送ります。
必ず通夜が始まる前には、案内状が届くようにして、送付しましょう。

案内状には、以下のようなことを記載します。
通夜や告別式の日時、式場の目性と住所、電話番号、喪主の名前、儀式形態を記載します。
そして、案内状の最後には、参列不要の旨を記載します。
・故人および遺族の意志により、近親者にて執り行います。
・一般の方の参列はご辞退いただけますようお願いします。
このようなニュアンスの内容を記載しておきます。
さらには香典も不要とあれば、追加で以下のような感じで記載します。
・故人の遺志により、ご香典は辞退させていただきます。
ただ参列不要と記載しておけば、通常は香典も不要と理解してくれます。

そして葬儀に関して問い合わせが出来るように、案内状の一番下の部分には、葬儀場の名前と、電話番号、ファックス番号を記載しておきます。
案内状が届くと、何か葬儀やお供えに関して質問や連絡がある場合は、その葬儀場に連絡することになります。

ただ家族葬を行なうにしても、明確に誰が参列して良いのか、誰が参列すべきではないかという線引きはありません。
亡くなった方の幼なじみなど、参列すべきかどうか線引きが難しいような関係の方もいますので、場合によってはそのような方も参列することもあります。
友人で参列して欲しい方がいれば、はっきりと参列して欲しいと連絡しておいた方が無難です。