香典辞退のご案内が送られてきた時の対処

香典を辞退する場合

遺族から香典自体の案内が送られてきた場合は、弔問客は香典の用意は必要ありません。
遺族の意思を尊重するのがマナーであり、無理に用意すると、予定外の香典返しを遺族は用意しないとならず、余計な負担をかけます。
それでもどうしても香典を送りたいという方は、香典以外の方法で弔意を示すと良いです。

・供物や供花

香典以外の弔意の示し方としては、供物や供花を送る方法があります。
故人に供えるものであり、十分に弔意を示せます。
たとえば仏教の場合であれば、線香やロウソク、お菓子などが送られます。

葬儀社に依頼すれば、1万円前後の盛籠を用意して貰うことも出来ます。
香典を辞退しているんであれば、それほどお金もかけずに済みますので、問題ありません。
供花としては、菊や百合などがあります。
スタンドやアレジメント、籠などのように贈り方はいろいろあるために、予算などで考えると良いでしょう。

・供物や供花も辞退している場合

香典の他にも、供物や供花も辞退している場合は、出来ることは限られます。
遺族がこのような意思であれば、何もしないことが一番です。
もしも葬儀に参列できるならば、会場で手を合わせお線香を上げましょう。
心を込めて故人を送ることが、一番の弔意を示すことになります。

参列できなかった場合

参列も出来ないとなると、家族葬を行なう遺族も増えており、親しい方以外は参列不要と案内がくることもあります。
ただ故人と関係が深ければ、何かしてあげたいと願うものでしょう。
そのような場合は、葬儀が終わったあとに、弔問に伺うと良いです。

弔問に伺うタイミングは、故人宅に連絡し、日程の調整をしましょう。
葬儀からあまり時間を空けない方が良く、四十九日までに行なうと良いです。
弔問するときは、お花やお菓子を持って伺うようにします。
花やお菓子の他に、お線香も喜ばれます。

弔問時は、喪服を着る必要はなく、派手やラフな服装は避けて普段着で良いです。
アクセサリーは結婚指輪以外は身につけずに伺います。
そうして、訪れた際は、このたびはご愁傷様です、などの弔いの言葉をかけます。
さらに、故人との関係や生前に世話になったことも伝えるようにしましょう。
弔問は葬儀の後にも、また通夜の前にも訪れても構いません。

重要なこととしては、通夜から葬儀までは、必ず遺族の意思を尊重するということです。
自分で故人を偲ぶ気持ちがあると考え、不要と言っているのに香典、供物や供花を用意することは、遺族に無用な負担をかけることになります。
故人と関係がある場合は、案内状が遺族から送られてきますので、その案内状の文面に従い行動しましょう。
弔問に関しても、辞退しますと遺族が言っていたり、案内状に書いてあれば、それに従います。