納骨を行う一般的な時期と流れ

納骨を行う時期、納骨の手順

葬儀が終わったあと火葬された遺骨は一旦自宅に持ち帰り、その後改めてお墓に納骨をするという手順が取られます。

お墓への納骨は四十九日の法要のときに行われるのが一般的ですが、新たにお墓を作ったり改葬するという場合には四十九日では間に合わないこともあるので、一周忌に行うという場合もあります。
この納骨は必ずしもいつまでに行わなければならない、という決まりはありませんので、あまり厳密に考えず都合のいいタイミングで行うようにしたらよいでしょう。

全く新しいお墓に初めて納骨をするという場合には、納骨前に墓石に魂を入れる「開眼法要」というものをしなければいけません。
開眼法要や納骨は法要の一つではありますが、それほど大げさにはしないというのが一般的な風習で、そのため四十九日や一周忌など他の大きな行事と合わせて行うようになっています。

手順としてはまず先に親類を招いて四十九日や一周忌の法要をしたあと、遺族や親族などが墓石に移動して、そこで開眼法要と納骨をするというふうにします。
いつどのように納骨をするかはまず菩提寺となっているお寺などに連絡をして、そこで日程を詰めていくことになるでしょう。

四十九日や一周忌の法要を一緒にする時には、その読経も同時に依頼をすることになります。
日時や法要が決まったら参列をして欲しい人に案内状を送り、そこで人数を確認して当日の会食を準備していきましょう。

納骨にかかる費用の相場

納骨はそれ自体を単独で行うということは少ないので、四十九日や一周忌の法要のときにかかる金額に少し上乗せをする形で支払います。
納骨のときにかかる費用の内訳は、まず宗教関係者に支払う「お布施(5万円程度)」とその僧侶に対して支払う「お車代(5000~1万円程度)」、それに参列者への食事代や石材店などへのお礼が含まれます。

地域によっては法要に参列してくれた人に対しておもてなしの会食をしたり、帰るときに引き出物を準備するかもしれません。
この時、何人規模で参列を呼びかけるかにより、金額はかなり変わります。
家族葬など葬儀をこじんまりと行った場合は、同様に葬儀に来てくれた人たちにのみ呼びかけをするのが通常です。

また納骨時には仏教ではお墓を作ると同時に、卒塔婆(そとば)という独特の形状の板を設置することになるでしょう。
卒塔婆には経文や戒名などを記すようになっており、何本どのように設置するかはあらかじめお寺に問い合わせてそこで一緒に置くようにします。
浄土真宗の場合、この卒塔婆は必要ありません。

それとお骨をお墓に入れる作業は素人には難しく、お墓を作った石材店や工事責任者に立会をお願いします。
そのため事前にそちらの業者にも連絡をし、終わったらお礼として1人3000円程度を渡します。