弔電や供物・花を頂いた人へのお礼の行い方

お礼は早い方が良い

葬儀では、弔電や供え物、お花を頂くことも多く、香典などをふくめていただいた場合は、葬儀が終わり次第早めにお礼状や菓子折を送るのが良いです。
お通夜や葬儀に来てくれた人では、その場で香典返しや供養品を渡すことが多いです。
当日に弔問できない人の中で、弔電や供物を送ってくれた方には、礼状を送るのが一般的です。

弔電は3,000円程度、供花は15,000円程度の香典とみなして、香典と合わせてその半額程度をお返しするのが一般的です。
品物を用意しなければいけない決まりはなく、お礼状だけでも良いです。
ただお礼状だけでも問題はありませんが、その方との付き合いもありますので、それなりの金額をいただいたならば、お礼状と合わせて、品物もお返しした方が、その後の付き合いのためにもなります。

香典返しや品物は、忌明けから1ヶ月以内を目安として、各自に送ります。
お通夜や葬儀の当日にお返し物を渡すときは、金額に関係なく、全ての人に同じ品物を渡します。
そしてその品物では見合わない高額な香典や供物を頂いた方には、忌明けに改めて返礼品を送るのが一般的です。
香典や供物の金額から、当日渡した品物の額を引いた金額を目安に、渡す品物を選ぶと良いです。

金額としては頂いた品物の半額から3分の1ぐらいを目安にします。
お通夜や葬儀の当日に渡した品物の金額と見合う、香典や供物を頂いた方には、お返しは必要ありません。
一般的に不祝儀は残さない方が良いという考え方から、香典返しやお返しの品は、すぐ使ってなくなるものが良いとされます。
食品が定番ではあり、お茶や飲み物も定番になります。
ただし食品でも肉や魚は宗教での決まりやタブーもありますので、角の立たないような定番品の方が無難です。

お礼状の書き方

香典返しやお返しの品を送るときは、お礼状も添えます。
お礼状は黒かグレーの枠のハガキに、喪主や親族の名前を書いて送ります。
年末年始に亡くなった場合は、1月1日から7日までの松の内を過ぎてから礼状が届くようにします。
葬儀屋さんによっては、お礼カードを用意しているところもありますので、それを使っても問題ありません。

書き方は特に決まってはいませんが、品物を頂いた感謝や、お礼状を送らせていただいたことを記載します。
初めは「益々ご清栄のことと拝察申し上げます」などの季節の挨拶を記載します。
次に「通夜や葬儀に来ていただいた感謝」、さらに「品物を頂いた心遣いへの感謝」、最後に書中でお礼申し上げます、などと締めくくります。
お礼状の最後には、日付と、喪主と親族代表を記載します。

制作する場合は、手書きが本式であり、印刷が略式となりますが、どちらでも構いません。
手書きで制作する場合は、薄墨で筆ペンなどを使用して書くと無難です。
黒でも良いですが、青や赤のペンは不適切です。