結婚式で縁起が悪いとされている忌み言葉とは?

忌み言葉とは

忌み言葉とは結婚式で、使用を控えた方が良いとされる言葉のことを言います。
読み方やその単語から、縁起が悪い内容を連想させる言葉であり、結婚式では使うべきでない、もしも使うなら他の単語に変えて使うべきとされます。

たとえば、「重ねる」「重ね重ね」「くれぐれも」「返す返す」「再び」「たびたび」「いよいよ」「追う」などの言葉になります。
このような言葉は、不幸が重なる、不幸が再び来るといったイメージを連想させ、スピーチや披露宴の演出では、このような表現は避けます。
さらには、数字の九や四も避けると方が良いとされ、このような数字は「苦しい」「つらい」「迷う」といった言葉をイメージさせます。

特に結婚式は新郎新婦の二人の新たな人生の門出であり、「死ぬ」「死亡」「割れる」「別れる」などの言葉は使うべきではありません。
死を直接表し、二人の別れをイメージさせますので、これらの言葉は避けるようにします。
結婚式という晴れやかな舞台となると、「絶える」「衰える」「失う」「滅びる」なども使うべきではありません。

結婚式や披露宴の場には、さまざまな年代の方が集まっている公的な場所であり、それを意識する必要があります。
言葉遣いと共に、良識のある態度、新郎新婦に関わる多くの人たちへの礼儀を踏まえます。

受付や親族の方などの挨拶でも、出来るならば忌み言葉を避け、手短に丁寧な言葉を準備しておきます。
しかし、あまりに気にし過ぎて、伝えたい内容が伝わらないことも考えられ、さらに忌み言葉を使ってしまっても後から気に病むことはないです。
どのような言葉であれ、思いを込めて新郎新婦に伝えることの方が大切といえます。

式の中で

結婚式のスピーチや招待状、またはプロフィールのムービー、感謝のメッセージでは、忌み言葉は使用すると縁起が悪いとされます。
この頃の若い世代の方は「忌み言葉」はそれほど気にしませんが、年配の方が多く参加するような、結婚式の披露宴では、忌み言葉を避けた方が無難でしょう。
新郎新婦の他にも、その親もいますので、新郎新婦が気にしなくても、親が気にするということもあります。
忌み言葉とは少し異なりますが、「、」や「。」などの句読点も縁起が悪いとされており、結婚式や披露宴、招待状で使用する文章にはこれらは極力使用しないようにします。

結婚式のプロフィールのムービーやエンドロールにも、写真の字幕やメッセージもあり、そこに忌み言葉が含まれていないか確かめておくと良いです。
プロフィールのムービーだけでなく、結婚式の司会やスピーチの文章も、忌み言葉が含まれていないかチェックします。
忌み言葉以外にも、暴露話や自慢話、下ネタ、政治や宗教の話も、結婚式ではふさわしくないです。