中袋の書き方や金額相場について

金額や住所は必ず書く

結婚する相手が親しい仲だとしても、自分のことを知っているので、中袋には何も記載しないというのは良くありません。
ご祝儀を受け取った新郎新婦が、お金を整理するときに中袋にも金額と住所が書いてあると整理しやすいです。
また住所がなければ、誰から贈られてきたご祝儀かわかりません。

記入するときは筆ペンで書くのが理想ですが、ペンで記載しても構いません。
筆ペンで記入するときは、郵便番号は読みやすく、ペンで書くと良いです。
金額の数字は「金○萬円」などと書き、数字は旧字体で書きます。
壱や弐などの旧漢字を用いて金額を書きます。

お札はすべて向きを揃えて入れて、表が上になるようにして、中袋に入れます。
さらに上包みは、上向きに折り返されている方を表に重ねて、水引を通します。

金額の相場

ご祝儀の金額は奇数が良いとされており、これは二人の仲が割れないように、割り切れない数字にするという意味があります。
・友人や知人、会社の同僚の場合は3万円
・兄弟や姉妹などの親族の場合は5万円
このような金額を包む方が多いです。
未成年の子供がいるような親は、ご祝儀に1万円や2万円を追加します。
もしも出席する予定ながらも、都合によって欠席となる場合は、結婚式の2週間ぐらいまでに、ご祝儀の予定の半分ぐらいを現金で渡すのが一般的です。
急遽欠席となれば、ご祝儀をそのまま渡しておきます。

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は金額と見合うものを用意します。
友人や後輩へは、基本は白のご祝儀袋となり、カラフルなデザインは親しい仲の人におすすめです。
贈る人の個性のあるご祝儀袋ならば、受け取った新郎新婦も喜びます。
ただし先輩や上司には、そのような派手なご祝儀袋は避けるようにします。

10万円以上包む場合は、それに見合った格式高いご祝儀袋にします。
鶴や亀の書かれたデザインが、縁起物であり適しています。
5万円以上包むような場合は、水引を少し派手な物にして、格式高いご祝儀袋にします。
1万円程度包むような場合は、紅白のご祝儀袋で構いません。

夫婦で包むときは、名字を書き、右に夫の名前、左に妻の名前を記入します。
複数人でご祝儀を包むときは、中央に一番目上の人の名前を書いて、左順で次へと連名にします。
ただ連名で書くときは、多くても3名程度が限度であり、それ以上はご祝儀袋に記入するスペースがありません。

最近は「寿」などの文字が印刷されているご祝儀袋も多いですが、もしも印刷されていない場合は、ご祝儀を贈る人が忘れずに記入します。
ちなみに「祝御結婚」などと4文字にすると4は死を連想させるので、ふさわしくありません。
どのような場合も、はっきりと綺麗な字で書くようにしましょう。