幸せの花嫁♪ジューンブライドの由来

なぜジューンブライドと呼ばれるのか

結婚式場では6月に挙式を希望する人が最も多いと言われています。
いわゆる「ジューンブライド」で、結婚情報誌を見てみてもジューンブライド特集が組まれるなど、これから結婚式を考えるカップルにとっては大きな憧れです。

まず「ジューンブライド」とはそもそも何なのか、ということから説明をすると、もともとはヨーロッパの言い伝えとして「6月に結婚をした花嫁は幸せになる」という話が伝えられてきたことが由来です。
なぜ6月なのかということについては諸説があります。
有力なものとして、6月(June)はギリシア神話ではゼウスの妻である「Juno」が守護するということから、その名前がついたということです。
Junoは別名「ヘラ」とも呼ばれる女神であり、婚姻と母性、貞節といったものを象徴しています。

またヨーロッパの気候としても6月はちょうど農作業の最も忙しい時期の直後ということもあり、6月を待って結婚をするという風習がありました。
日本においては6月はあいにく梅雨の時期なので屋外での挙式には向かないこともありますが、ヨーロッパやハワイなどリゾートウェディングの人気の場所はちょうど乾季に入るベストシーズンとなっているのです。

ジューンブライドをよりよく行うためのコツ

6月吉日の挙式は全国どこの挙式場もまっさきに埋まってしまうので、こだわりのある人は早めに予約だけでも入れておくことがコツになります。
ただ、近年では挙式そのものをあまり大きく行わないカップルも増加していることから、以前よりも競争率はそれほど高くはないかもしれません。
それでも地域で最も評判のよい人気式場では思う通りの日程で予約ができないケースがあるので、早めにブライダルプランナーさんに連絡をしてみてください。

6月の挙式は梅雨の時期ということもあって、人気のガーデンウェディングが難しくなっています。
ですので多くの参列者を招く挙式や披露宴にするのであれば全天候型の施設を選び、もし天候が悪くなっても柔軟に対応できるようにしていきましょう。

ジューンブライドは挙式場もかなり演出には力を入れており、記念撮影や披露宴の会場に6月らしい演出を取り入れてくれたりといったことがあります。

ここ最近人気があるのが6月の花であるあじさいを使ったもので、新婦が手元に持つブーケにあじさいをあしらったり、リングピローの周りをあじさいで彩ったりといった工夫があります。
さりげなく二人の記念写真の額縁や髪飾りにあじさいをモチーフにした製品を使うなどすると、季節感も出てとても印象的な式にすることができるでしょう。

どうしても6月中に予約を入れることができなかったというような場合には、入籍だけを6月にするというのもおすすめです。