おめでたい!婚姻届の提出に必要なものとは?

婚姻届提出に必要なもの

結婚をすると決めたら、入籍のための事務手続きをどのようにするかということを決めましょう。

法律的には婚姻は戸籍の移動や親族関係が変化する非常に大きなものなので、いつどのようなタイミングで入籍をするかということは非常に大きな問題となります。
結婚式をしないというカップルも増えてきていますが、その場合も入籍をどういった形でするかをきちんと考えなければいけません。

まず婚姻という事実を作るためには、婚姻届を全国にある区市町村に提出しなくてはいけません。
婚姻届の用紙は役所に置かれており、書籍は全国共通なのでどこで受け取っても同じように提出をすることができます。
ちなみに婚姻届を扱っている部署は戸籍課もしくは市民課や住民課といったところなので、探しても見つからない時は受付の人に尋ねてみてください。

役所は平日の昼間しか開いていませんが、婚姻届は365日24時間いつでも提出できるようになっていますので、時間外受付に行けばいつでも対応をしてもらえます。
最近では婚姻届はインターネットでダウンロードをすることができるので、時間がないという人はそちらを利用してみましょう。

婚姻届を役所の窓口に提出する時には、必要事項を記入した婚姻届と戸籍謄本、さらに本人確認ができる身分証明書が必要になります。
そこに二人の印鑑を捺印し、20歳以上の証人を2名以上つけます。

入籍日について

結婚が成立した日というのは結婚式を挙げた日ではなく、入籍を完了させた日のことです。
入籍はすんなり一回では済まないことも実際にはよくあり、何度か書き直しをしてしまうので、希望どおりの入籍日にすることができないという人もいます。
もっとも、記載内容に誤りがなければそこで受理をしてもらえますので、事前に備え付けの「記入見本」などを見ながら丁寧に記入をしていってください。

婚姻届については、役所の窓口が閉まっていても時間外窓口で受け取りをしてくれます。
ただし、実際にその婚姻届に誤りがないか確認をするのは翌日以降の営業日になるので注意してください。
その場合でも、内容に問題がなければ受け取りをした日が入籍日という扱いになります。

婚姻届で失敗しがちなのが、提出をするときに添付をする戸籍謄本です。

戸籍謄本は戸籍の内容の全てをコピーしたもので「全部事項証明」と言います。
一方で戸籍抄本というものもあり、これは戸籍の一部のみを抜粋してコピーしたものです。

婚姻届の提出時には戸籍謄本が必要であり、間違って戸籍抄本を取り寄せてしまった場合はその婚姻届は受理されなくなってしまいます。
ただし、二人の本籍地が同じ場所である場合で、その管轄の役所で婚姻届を出す時には戸籍謄本は不要となります。