マタニティプランも!話題のおめでた婚とは

おめでた婚(さずかり婚)とは

芸能人など有名人の結婚報道が出た時に、必ずと言ってよいほど一緒に伝えられるのが妊娠しているかどうかです。
結婚を決める理由は人それぞれですが、未婚のカップルで女性に子供が出来たときに、それをきっかけにして結婚に踏み切るということはよくあります。

入籍を済ませる前に妊娠をしてしまい、それから籍を入れるという流れを「おめでた婚(さずかり婚)」と呼ぶことがあります。
かつては「デキ婚」といったように、子供が先にできたことを揶揄するような言い方がされていました。
しかし、結婚はしたものの子供ができないことに悩んだり、そのことを周囲から責められる夫婦も多くいたことから、むしろ子供ができたことが結婚のきっかけとなることについて肯定的な見方がされています。

ただ注意をしたいのが、妊娠がわかってから入籍まであまり時間が経ちすぎるとデメリットが増えてくるので、できるだけ早めに入籍をした方がよいということです。

妊娠したことがわかるのはだいたい妊娠2ヶ月目~3ヶ月目くらいですが、妊娠初期は体調が不安定になりやすく、初期流産も起こりやすくなってしまいます。
ただでさえ結婚前というのは精神的に不安定になりやすいものなので、そこに妊娠中のホルモンバランスの変化があると、ますます女性の体には大きな負担がかかってしまいます。

そのためおめでた婚ということで結婚式を挙げる場合にも、入籍日をあまり長くおかないで早めにすませるようにすることが勧められます。

妊婦でもできる結婚式について

おめでた婚は今や全く珍しくはなくなったということもあり、挙式を取り扱うブライダル企業や式場でも専用のプランを用意しています。
通常の挙式とおめでた婚で大きく違うのは、スケジュールが非常にタイトになるということと、妊婦である女性が思うように動きをとれなくなるということです。

まずスケジュールについてですが、通常の挙式は1年くらい余裕をみて準備をし、実際に動き始めるのはだいたい半年前くらいとなります。
ですがおめでた婚ではだいたい3ヶ月以内に挙式をするというケースがほとんどとなっており、当然式場選びや参列の呼びかけ、式場設営の手配などを次々と急ぎ行っていくことになるでしょう。

なによりも一番に優先するべきなのは妊婦の体調で、担当医と相談の上準備をしていくようにします。

挙式の時期としては妊婦への負担が最も少ない5~6ヶ月目くらいが望ましいとされていますので、そこから逆算して準備をしていくことになります。

妊娠をしていることをあまり公表したくないという人むけの、小さな親族のみの挙式プランなどもありますので、まずは二人で相談をして準備を始めてください。