結婚式で受付を頼まれた方の服装と流れについて

受付の仕事

受付の人は、結婚式や披露宴で会場に到着したゲストの方が立ち寄り、お迎えします。
両家の顔としての役割もあり、新郎新婦両家に変わってお迎えします。

親族側の立場で挨拶し、ゲストの芳名帳への記帳やご祝儀を受付、お金の管理、そしてゲストに次席表を渡して会場の案内をします。
金銭を扱うので、ゲストに対して、失礼にならない態度が必要です。
このような役目がありますが、地域やその家族によっても、多少内容は違ってきます。

当日は重要な役目を果たしますので、受付として以下のようなことは確認しておくべきです。
・受付係として集合時間と開始時間
・受付で預かったご祝儀の保管先と集めた後に渡す相手
・受付からお車代を渡すゲストはいるのか
・新郎新婦や親族に取り次ぐ必要のあるゲストはいるか
・遅刻者への対応

当日は遅刻してはならず、公共の交通機関を利用するなら、不測の事態も考え早めに出発すると良いです。
会場に着いたらトイレを済ませて全身チェックし、貴重品以外はクロークに預けます。

当日の流れ

当日の服装は、清楚で明るいイメージの服装にします。
そして当日の流れとしては以下のようになります。

1、受付係同士で打ち合わせ

受け付け開始は開場の30分前からとなることが多く、早めに訪れるゲストもいますので、少なくとも30分前までには打ち合わせをします。
1名がご祝儀を受け取り、もう1名がご案内係と、通常は2名になります。
お車代を渡すゲストの方がいる場合は、リストに印を付けるなどして、わかりやすくしておきます。
もしも久しぶりに会うような方が来ても、そこで雑談するなど時間を使ってはいけません。
ご祝儀を受け取りますので、受付の方がトイレに行く場合でも、どちらか1人はその場にいましょう。

2、新郎新婦の控え室に行き挨拶

開宴前までには新郎新婦のところに出向き、受付をすることを伝えて、挨拶をします。

3、開場スタッフと打ち合わせ

多くの開場では受け付けようの備品が用意されているので、それぞれを確認します。
その他に新郎新婦が独自に用意したもの、お車代などの受け取り方法を確認します。
受付方法が開場スタッフから説明されますので、それを聞いておきます。
開場のトイレやクロークの場所をゲストから聞かれることが多いので、その場所は把握しておきます。

4、受け付け開始

ご祝儀を受け取り、芳名帳への記帳をゲストにしてもらいます。
次席表などの配布物を渡して、開宴まで控え室で待っていただくように促します。

5、開宴

開宴の案内があると、受付全員でゲストが揃っているか確認します。
ご祝儀と芳名帳を事前に打ち合わせで聞いた渡す人に渡しておきます。
事情によって遅刻者がいる場合は、受付係の1名か2名のみ残り、他は披露宴会場に向かいます。
ある程度時間が来たら、その受付の人も披露宴に参加します。