結婚式招待状返信マナー

招待状の返信期限

結婚式の招待状が届いたら、送った相手は返信を待っていますので、出来るだけ早めに返信するのがマナーです。
招待状を受け取ってから、2~3日以内に返信するようにして、早いほど良いです。

全員から返事が来たら、結婚式主催の新郎新婦は準備を始めますので、あまり遅くの返信は相手に迷惑をかけます。
もしもどうしても返事が遅くなる場合は、返事の内容の要件だけでも、新郎新婦に伝えておくと良いです。
そして、返信が出来るようであれば、招待状も返信しておきます。

招待状の返信内容の書き方

招待状の返信内容を書く場合は、基本として、終止符は打たない、結婚にふさわしくないネガティブな内容などの、NGワードは使わず記入します。

返信の期限を確認し、表面には送られてきた相手の名前が書いており、宛先の下に「行」や「宛」と書かれている場合、二重線で消して様と記載します。

裏面には、出席か欠席の記載欄がありますので、どちらかに○をつけます。
御出席などと「御」と書かれている場合は、これは自分に向けられているので、「御」の字だけ二重線で消します。
また御出席と御欠席のどちらかに○をつけたら、もう一方は二重線で消しておきます。
さらに、ハガキの空いている部分に「結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」などと書いておくと、新郎新婦が喜びます。

・文面の書き方

結婚する相手が上司なのか、同僚や後輩か、友人かでも、文面の内容は変化します。
結婚おめでとうの意味を込めるにしても、以下のように違ってきます。

基本 : ご結婚おめでとうございます
友人 : ご結婚本当におめでとう!
同僚 : ご結婚おめでとうございます!
上司 : この度はご結婚おめでとうございます

このようにして、相手とどれぐらい親しいかでも、文章を崩すかフォーマルにして書くか、違ってくるのです。

欠席の場合

やむを得ない事情で欠席するときは、返信メッセージよりも丁寧に書きます。
そして欠席する場合は、祝電を出すと良く、結婚式の1ヶ月前から出すことが出来ます。
当日事情によって欠席しても、心のこもったお祝いメッセージを送ると、新郎新婦に思いを伝えられます。
出席できない場合は、代理人の必要はありません。

同じように裏面の欠席に○をつけて、空いたスペースにお祝いメッセージを記入します。
まずは欠席する事情を記入し、その後にお祝いメッセージや、写真を見せてね、などと式を楽しみにしていたことを記入します。

出席でも欠席でも、メッセージは筆ペンなどは使わず、ボールペンではっきりと綺麗な字で書きます。
黒のボールペンを使い、グレーではなく黒のペンを使い、ピンクやカラーペンで書くことも止めましょう。