縁起の良い日に式を挙げるにはお日柄をチェック

お日柄の基礎知識、六曜とは

結婚式というのは、冠婚葬祭の中でも非常に縁起を気にする行事です。
結納で交わされる結納品に始まり、招待状やスピーチでの「忌み言葉」の禁止など、かなり細かい部分についてまで縁起の良し悪しが判断されることになります。
そんなスピーチでもお決まりの文句となっているのが「本日はお日柄もよく」という言葉ですが、これは天候や雰囲気のことではなく、六曜における縁起のよい日であることを言います。

六曜というのはカレンダーに記載されている暦のことで、もともとは中国の風習であったものが江戸時代後期くらいから一般に使用されるようになりました。
私達が今使用しているカレンダーの暦は日曜~土曜までの7日ずつのくくりになっていますが、六曜というのは6日ずつの周期となっており、どの日にあたるかにより吉凶を占うことができるとしています。

六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つで構成されており、もっとも縁起がよいとされているのは「大安」です。
「大安」というのは「大いに安し」という意味を持つもので、何をするにしてもよい日であるということから、特にお祝いごとではこの日を選ぶことがよくあります。
逆に縁起がよくないとされているのは「仏滅」で、これは大安と逆に何をするにもよくない日ということで、葬儀を除く冠婚葬祭はできるだけ避けるようになっています。

六曜の意味に従って吉凶を判断しようとすると、かなり細かく挙式・披露宴の時間などが限定されてしまうでしょう。
ただし近年では六曜自体があまり気にされなくなってきたことと、日程的に忙しく六曜通りにしては挙式ができないというカップルもいるので、それほど気にされない傾向が見られるようになりました。
実際、挙式場でもベストシーズンの週末が仏滅になってしまっている時などには「仏滅割引」などお得なプランがあったりします。

気にしない人ばかりの気軽な式ならよいのですが、地方の挙式や参列者に年配の方が多い場合には縁起の悪い日の式を快く思われないこともありますので、まずは周囲の意見を聞くようにしましょう。

結婚式の日取りの決め方

結婚式の日程を決める時には、まず招待客の都合を最優先するようにし、できるだけ早めに告知するようにします。
人気の会場や吉日のある週末などは予約が殺到しますので、時間的に余裕をもって予約をするようにしましょう。

特に結婚式は春と秋に集中する傾向がありますので、希望にぴったりの式をしたいということなら、式場選びを慎重にしておきたいところです。

はっきりと挙式披露宴の日程が決まっていないという場合も、先に下見をして仮予約という形で入れておけば、複数の式場を見ながらどれがいいかを判断していくことができます。